コンテンツ

私たちの想い

ごあいさつ

ごあいさつ

私は今まで、この群馬県で数百棟の家づくりに携わってきました。
家づくりを通じて、そのご家族の幸せな笑顔を見ること、そして笑い声を聞くことが、私の大きな力になっています。

家を建てる!とは一体どういうことでしょうか?

私はこう考えます。

家があるから家族が幸せになるものではありません。

幸せな家庭があるからこそ、家が活きてくるのです。

生活するということは、特に子育て世代にとっては、思った以上にお金がかかります。家づくりが全てではありません。家づくりに必要以上のお金をかけて、その後の生活が苦しくなるような家づくりを決してしないでください。

家づくりは簡単ではありません、そしてそのご家族の一生がかかっています。

だからこそ私たちデザインハウス桐生は、お客様の笑顔の為に全力で働きます!

 

Smile House by 住まいる館  取締役 松沼 二二男

 

家づくりで大切なことは、「いくら借りられるか」ではありません

家づくりで大切なことは、いくら借りられるのか?ではなく、いくらだったら返せるか。

家づくりで大切なことは、
いくら借りられるのか?ではなく
いくらだったら返せるか。

家族で旅行にも行きたいし…
家族で外食だって行きたいし…
子供に習い事もさせたいし…

今のアパートの家賃と同じ金額の返済で済めば、ゆとりのある生活が実現できるのです。

家族の笑顔も広がります。

坪単価を安く表示して、オプションを増やしていく提案は一切いたしません。必ず、明確なご提案をさせていただいております。

 

デザインハウスからのメッセージ

と、いつも言われ続けて小さい子供は成長していきます。
このままではいけないと思いつつ一戸建てなんて無理だと思っているあなたのために、デザインハウス桐生は出来ました。

住宅展示場で営業マンに「私たちでも家は買えますか?」と聞くと、すばやく計算した営業マンは、

「このくらいまで借りられます」
「住宅ローン減税もあります」
「あなたなら出来ます。皆さんそうされてます」

と、さも当たり前のように限度額いっぱいの資金計画書を言葉巧みに自信もって誘います。

 

住宅は高い買い物ですが、家づくりが人生の最終目標ではありません。

家づくりで最も大切なことは、いくら住宅ローンが借りられるのか?ではなく、

「いくらだったら住宅ローンを払えるのか?」

を考えなければなりません。

ごまかされて、

「今はきついかもしれないけど一生に一度の家づくり、将来は少しは給料も上がるから少しぐらい返済をがんばっても大丈夫!!!」

などと言って返済できるほど住宅ローンは甘いものではないのです。私どもは、大切な子供たちの教育費や、年に数回の家族旅行、遊園地にだって家族みんなで行って楽しみたいのです。

住宅は高い買い物ですが、家づくりが人生の最終目標ではありません。楽しくゆとりのある暮らしをすることが本当の目的です。

デザインハウス桐生は「本当にあった、安くて良い家」です。是非、その目でお確かめください。お問い合せをお待ちしております。

 

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ