ローコスト住宅で失敗しないための5つのポイントを紹介

ローコスト住宅で失敗しないための5つのポイントを紹介

低価格で家を建てることのできるローコスト住宅への人気が年々高くなっています。しかし、低価格で家を建てられることのできるローコスト住宅ですが、失敗を避けるためにも注意が必要なポイントがあります。今回は、ローコスト住宅の特徴と安い理由、失敗しないための5つのポイントについてご紹介します。

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅とはその名の通り、「コストの安い住宅」のことです。土地によって変わりますが、一般的に35坪程度で坪単価が20万〜40万円前後、1,000万円台で建てられる住宅をいいます。ローコストといっても、一定の品質や安全性は確保されており、購入者にとって決してデメリットにならないコスト削減を実現しているのが特徴です。それではなぜローコスト住宅は安い価格で建てられる理由をご存じでしょうか? 下記でローコスト住宅が低価格で建てられる3つの理由についてご紹介します。

人件費の削減

ローコスト住宅は基本的に決まった間取りのため、オーダーメイドで設計の必要がありません。また、規格化された建材や設備の組み合わせで建築するため、作業スタッフの人数や作業時間を抑えられます。

材料費の削減

ローコスト住宅は間取りを規格化し、仕様を標準化することによって、購入する建築資材の種類を限定できるため、資材の大量発注が可能になります。
大量発注によって、部材1つ当たりの仕入れ値が安くなり、その値段が家の価格に反映されているのです。

広告費の削減

新聞広告やテレビCM、雑誌広告、ネット広告などは非常に有効な集客方法ですが、膨大な広告費用がかかってしまいます。しかし、ローコスト住宅メーカーでは大々的な広告を行わず、テレビCMもローカル放送のみにするなど広告費の削減でコスト削減を行っています。

ローコスト住宅で失敗しないための5つのポイント

低価格で住宅を建てられることが魅力のローコスト住宅ですが、失敗を避けるためにも気をつけておくべきポイントが5つあります。下記では、それぞれのポイントについてご紹介します。

間取りが変更できない可能性がある

ローコスト住宅は基本的にあらかじめ間取りが決まっており、間取りが変更できない場合があります。しかし、全く選ぶことができないわけではなく、いくつかのパターンが決められており、その中から選ぶケースが多いです。

アフターサービスが少ない

一般的な注文住宅の場合、10年間程度の保証がついている場合が多いです。メンテナンスの最初の2年は3ヶ月おきで、その後も有償になるかもしれませんが、アフターフォロー体制があります。建物の耐久性の多くは50年、60年とされています。

一方、ローコスト住宅の場合、無料のメンテナンス保証期間は2年の短いところもあるため、プラン内容の資料をしっかり確認しましょう。

オプション費用がかかる場合がある

ローコスト住宅は基本的に住宅を規格化することによって価格を抑えています。そのため、シンプルな造りに物足りなさを感じて、さまざまなオプションを追加すると、オプション費用がかかるケースも多いので、最初に提示された金額でどこまでできるのかをよく確認しておきましょう。

メンテナンス費がかかる

家を建てるときに、さまざまな工夫をしてコストを抑えてもすぐにメンテナンスが必要になり、メンテナンス費用が高くかかってしまう家屋では、コスト削減の努力が無駄になってしまいます。そのためローコスト住宅に限らず、住宅を建てるときは、「長持ちなのか?」「メンテナンスは簡単にできるか?」に着目しながら選びましょう。設備などもカタログで耐用年数の確認ができます。

予算でギリギリ組まない

ローコスト住宅を建てるときはギリギリの予算で組まないことが重要です。もし、建物に使える費用が1,000万円までだとしたら、どんなに高くても900万円(90%)までを目安としましょう。ローコスト住宅に限らず、何らかの思いがけない出費があるものです。そのため、万一のことがあったときのために、最低でも10%は資金に余裕を持たせておきましょう。

まとめ

ローコスト住宅を建てる際は、安ばかりに目がいってしまい、勢いで契約してしまうと「失敗した……」と感じてしまうことが多いです。そのため、まずは注意点や気になるポイントについてあらかじめよく確認しておくことが大切です。

また、群馬県桐生市周辺でローコスト住宅の購入を検討中の方は「デザインハウス桐生」にぜひお問い合わせください。

当社は4LDKで999万円(税別)から新築一戸建て住宅のご依頼を承っております。さらに間取りの変更だけでなく、外壁の色や組み合わせ、使いやすい導線への変更なども無料でいたします。群馬県桐生市周辺でローコスト住宅を検討中の方は当社にお気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ