住宅保証や保険の種類とは? 代表的な3つの保証を解説

住宅保証や保険の種類とは? 代表的な3つの保証を解説

新築を建てた際、さまざまな保険や保証を契約する方も多いと思います。しかし、住宅保証や保険など「どれに入ればいいのか分からない……」という方も多いです。今回は、代表的な3つの住宅保証である「住宅瑕疵担保責任保険」と「地盤保証」「シロアリ保険」の保証内容について詳しく解説します。

住宅瑕疵担保責任保険とは?

住宅瑕疵(かし)担保責任保険とは、事業者が供給した住宅に瑕疵(欠陥)があった場合、その補修のための費用を補填してもらえる保険です。そのため、万が一、建築した住宅に瑕疵があったとしても、住宅瑕疵担保責任保険の適用範囲であれば保険金で、補償してもらうことができます。

適用範囲はどこまで?

具体的な住宅瑕疵担保責任の適用範囲は以下の部分になります。

  • 構造耐力上主要な部分
  • 雨水の浸入を防止する部分

構造耐力上主要な部分とは、具体的には基礎、土台、床版、柱、斜材、横架材、小屋組、屋根版の部分になります。建築基準法に満たないレベルの構造耐力性能であった場合の補修工事が対象です。

一方、雨水の浸入を防止する部分とは、具体的に「屋根」「開口部(窓)」「外壁」になります。雨漏りの発生や、防水性能を満たさない場合の補修工事が必要です。

保証期間や保険金は?

保証期間は原則として10年間です。また、保険金に関しては、瑕疵を修理するための工事・補修費用のほかにも、損害賠償費用、裁判手続き費用、瑕疵欠陥箇所などを調査する費用や、住む仮住まいの住宅費用などがあります。また、支払われる保険金の上限額は2,000万円とされており、保険内容によってはオプションで2,000万円を超える額の保険金が支払われます。

地盤保証とは?

地盤保証とは、地盤に発生したトラブルによって住宅に損害が生じた場合に、建物や地盤の修復費用を保証してくれる制度です。また、地盤保証は建物の不具合が生じたときに原状回復を行うだけでなく、宅地の地盤を調査しデータを解析することで、住宅を不同沈下などの事故から守る目的もあります。

保証期間や給付金は?

地盤保証の補償内容は、地盤が原因で傾いた場合に、建物の修復工事や仮住まいに必要な費用などが補償されます。保証内容や保険料などは保証機関によって異なりますが、一般的に引き渡しから10年間、限度額5,000万円まで補償されます。

地盤保証のメリット

地盤保証のメリットは第三者機関による地盤に関する解析・判定を受けられることです。不同沈下などの地盤の欠陥によって10年間保証されます。また、最近では保証期間を20年間とするものや保証会社によってさまざまな特約を持った地盤保証があります。地盤工事の業者を選ぶときは、保証内容をよく確認しましょう。

地盤保証の注意点

地盤保証の注意点としては、こ地震、洪水、津波、集中豪雨などの災害で生じる不同沈下事故は対象外ということです。また、地震で生じる液状化による不同沈下についても対象外となるので注意しましょう。

シロアリ保険とは?

シロアリ被害の保険は一部の業者が行っているもので、被害が出たときに駆除費用や修繕費用を補償するものです。

火災保険は適用される?

基本的にシロアリによる建物の損害に火災保険は適用されません。しかし、風や雪といった自然災害から生じた雨漏りが原因でシロアリの発生が証明できれば、火災保険が適用される可能性があります。ただし、火災保険は保険ごとに契約内容が異なるため、全てが適用されるわけではないので注意しましょう。

保証期間や保証内容は?

シロアリ駆除の保証期間は5年間が一般的です。なぜ5年かというと、シロアリ駆除剤の効果が5年程度だからです。昔使われていた薬剤はとても効力のあるもので、駆除をした後でも10年以上再発を防ぐことが容易でした。しかし、その薬剤は人体にも悪影響があることが判明してからは使用されなくなりました。

そのため、現在では5年保証が最長で、5年以内であればシロアリが発生しても無料駆除や、年に1度無料で点検してくれる場合もあります。

まとめ

今回は代表的な3つの住宅保証である「住宅瑕疵担保責任保険」「地盤保証」「シロアリ保険」について紹介しました。これら3つの保証はマイホームを守るためにとても重要な保証です。そのため、万が一のときに焦ってしまうことがないように、あらかじめ保証内容を把握しておくことが大切です。

住宅の建築を検討している方は「デザインハウス桐生」にぜひお問い合わせください。当社はローコスト住宅を建築する建築会社です。ローコスト住宅と聞くと、質や保証面が不安になる方もいらっしゃいますが、当社では紹介した保証制度を完備しており、安心して住宅を建てることができます。住宅の建築を検討中の方は当社に気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ