知って得する! ローコスト住宅のメリット・デメリットを紹介

知って得する! ローコスト住宅のメリット・デメリットを紹介

住宅を建てるとき「極力コストを抑えたい」と考えるのは当然のことでしょう。そのようなときに「ローコスト住宅」がおすすめです。ローコスト住宅には「安い」以外にも、さまざまなメリットがあります。今回は、ローコスト住宅の特徴とメリット・デメリットについてご紹介します。

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅とは、「コストを抑えて建てられる住宅」のことです。住宅を建てる場所によって異なりますが、一般的な坪単価相場は80万〜90万円ほどかかります。それに対して、ローコスト住宅の場合、坪単価30万〜60万円が価格相場となっています。

なぜこれほどまでにコストを抑えられるのでしょうか?それには大きな理由が3つあります。以下で詳しく紹介します。

材料費のコストダウン

木材や設備などの材料は、同一のものを大量に仕入れると安くなります。間取りを規格化し、購入する資材の種類を絞り込むことで大量の仕入れを一括して行い、コスト削減を実現しています。

人件費の削減

ローコスト住宅では、機械化された工場を設けることによって大工の数を減らし、コストを削減しています。さらに規格化された建材や設備の組み合わせで建築するため、作業スタッフの人数や作業時間を抑えられるため、コスト削減がより可能になります。

広告費の削減

全国放送のテレビCMには多額の費用が必要になります。その費用は建築費に上乗せされる分、住宅費用が高くなってしまいます。そのため、ローコスト住宅では全国ではなく地域限定でCMを流したり、住宅公園でのモデルハウスの展示はせずに自社の土地に建てたりして、費用をあまりかけずに宣伝を行うことで費用を削減しています。

ローコスト住宅のメリット

ローコスト住宅はコストを抑えられるだけでなく、さまざまなメリットがあります。そのメリットをご紹介します。

価格が安い

ローコスト住宅の最大のメリットは、費用を抑えられる点です。毎月の住宅ローンの支払いは生活に大きな影響を及ぼします。ローコスト住宅の場合、月々のローン返済額を少なくでき、余力を子どもの教育費に回すことも可能です。

工期が短い

ローコスト住宅はシンプルな作りで、着工から住宅完成までの期間が短縮できます。だいたい3ヶ月くらいで完成するため、仮住まいの家賃も節約が可能になります。そ時間に余裕がない方にもローコスト住宅はおすすめです。

建て替えやリフォームがしやすい

住宅ローンの借入額が少なく済めば、その分早く完済できます。そのため、将来的にリフォームや建て替えを検討している方にローコスト住宅はおすすめです。ただし、リフォームの場合、家の骨組みである躯体(くたい)をそのまま使い続けるため、その部分のコストは削らずに強い家を建てる必要があります。建て替えの場合も、いつどのような災害が起こるかは分かりませんので、躯体にはコストをかけておくことが重要です。

ローコスト住宅のデメリット

ローコスト住宅は多くのメリットがありますが、少なからずデメリットも存在します。ここからは、ローコスト住宅のデメリットについて紹介します。

プランが限られている

ローコスト住宅は規格プランが基本で、間取りは何通りかあるプランの中から選んで決めます。そのため、ある程度プランが決まっているので、自由に間取りや建具を決めたい人には不満かもしれません。

耐久性、耐震性が優れているとはいえない

ローコスト住宅のデメリットの一つとして、耐久性や耐震性に優れているわけではないことです。しかし、通常販売されているローコスト住宅は、建築基準法に則って設計・建築されています。そのため、耐久性や耐震性が通常の注文住宅と比べて大幅に劣るということはありません。

オプションを選ぶと高くなる

ローコスト住宅の場合、オプションの選択がないタイプの住宅もあります。また、オプションを選択できる場合であっても、デザインを変更したり、設備のグレードを上げたりすると、どうしてもオプションの分だけ合計費用が高くなってしまいます。また、追加できるオプションが業者によって違いがあり、希望するオプションがないというケースもあるので注意しましょう。

まとめ

ローコスト住宅は一言でいうと「安い家」ということになりますが、安い理由を知っておくと、安心して選択肢の一つになると思います。また、建売住宅よりも設計の自由度があるため、理想に近い住居が建てられます。

ローコスト住宅の購入を検討中の方は「デザインハウス桐生」では、間取りの変更だけでなく、

  • 外壁の色、組み合わせの選択
  • 使いやすい導線への変更
  • 子ども部屋は1つにして将来間仕切りできる部屋作り

といったプランも無料で行うことができます。ローコスト住宅を検討中の方は当社にぜひお問い合わせください。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ