オール電化とは?

「オール電化」
あなたも一度は聞いたことがあると思います。
そんな今はやりのオール電化ですが、詳しく知っている方は少ないと思いますので、今回はオール電化について詳しくお伝えしていきたいと思います。

オール電化とは

オール電化とは、当たり前ですが、ガスを使わないものです。
厨房、給湯、暖房など、熱を必要とする部分を全て電気でまかなう生活スタイルです。そのような住宅を「オール電化住宅」と呼びます、

従来はガスと電気の両方を使うことが主流であったため、ガス会社と電力会社と契約するのが普通でした。しかしすべてを電気で賄えるようになってからは、給油・暖房などのすべての熱源を電気で供給するため電力会社だけでよくなりました。

もちろんオール電化にはメリット・デメリットの両方が存在します。そこで次回から4回に分けてそこの部分について詳しくお伝えしていこうと思います。
オール電化の会社がデメリットと考えている部分はメーカーの努力によって日々改善されてきています。またメリット・デメリットがあるからと言ってどちらがいいか、悪いのかは家庭環境や地域環境によっても変わってきますので、ぜひ注文住宅をオール電化にしようか考えられている方は注意してみてみてください。

オール電化にするメリット

今回から3回に分けて注文住宅をオール電化にするメリットについてお伝えしていこうと思います。

光熱費の一元化が可能

ガスを使わないことによって、当たり前ですが、ガス会社と契約しなくてよくなります。そのため基本料金を電気に一本化することができ、ガスの基本料金を減らすことができます。また注文住宅では、ガス配管の敷設が不要となり、ガス警報器といった安全装置代も浮かせることができるため大幅なコスト削減をすることができます。

調理器具の清掃が簡単

オール電化住宅で採用されるIHクッキングヒーターは、平面的な形状のため、調理後の清掃が簡単です。ガスコンロを使用した場合、どうしても気になるのが、ススであったり、換気扇を強めに回さなければいけないといったことです。
しかしIHクッキングヒーターであれば、平らな形状であるため拭くだけでよく、清掃時間を大幅に減らすことができます。

室内空気が汚れない

先ほどお伝えした通り、ガスコンロを使用した場合はどうしても室内の空気が汚れてしまいます。室内の二酸化炭素の増加や不完全燃焼などの問題もなくしてくれるという利点もあります。

住宅内に熱源を持たなくていい

熱源とは例えばガスの場合、都市ガスやプロパンガスを敷設しなくていいということです。それらを住宅もしくは周辺においておかなくてもよいため、ガス漏れの心配や一酸化炭素中毒などの心配をしなくてもよくなります。そのため安全な熱源システムであると言えます。

オール電化によって電気料金の削減ができる

オール電化住宅で採用される電力の契約メニューは深夜の電気料金を非常に安く使える契約が一般的になります。日中と比べて半額以下になりますので、深夜によく電気を使う方にはもってこいと言えるでしょう。そのため洗濯機や乾燥機、IHクッキングヒーターなど大きな電力を使う機器を夜間に利用するのであれば、大幅な光熱費の削減を行うことができます。

太陽光発電システムのメリットを最大限に可能

太陽光発電システムを使えば、より電力を賄うことができます。従来と比べて消費を80%近くも低くすることができるともいわれており、電気料金を極限まで下げることができます。

住宅内に熱源を持たなくていい

熱源とは例えばガスの場合、都市ガスやプロパンガスを敷設しなくていいということです。それらを住宅もしくは周辺においておかなくてもよいため、ガス漏れの心配や一酸化炭素中毒などの心配をしなくてもよくなります。そのため安全な熱源システムであると言えます。

オール電化によって電気料金の削減ができる

オール電化住宅で採用される電力の契約メニューは深夜の電気料金を非常に安く使える契約が一般的になります。日中と比べて半額以下になりますので、深夜によく電気を使う方にはもってこいと言えるでしょう。そのため洗濯機や乾燥機、IHクッキングヒーターなど大きな電力を使う機器を夜間に利用するのであれば、大幅な光熱費の削減を行うことができます。

太陽光発電システムのメリットを最大限に可能

太陽光発電システムを使えば、より電力を賄うことができます。従来と比べて消費を80%近くも低くすることができるともいわれており、電気料金を極限まで下げることができます。

オール電化にするデメリット

調理時の火力が弱い

オール電化では火を使わないため、基本的に火力が弱いのが特徴です。そのため料理を頻繁にしたり、趣味でいろいろなものを使う人であれば、火力において満足できない人もいるようです。安全ですが、ここがかえってオール電化のデメリットになってしまいます。

IHクッキングヒーター専用の鍋や対応している鍋でないと使えない

標準仕様のIHクッキングヒーターでは、ホーロー・鉄・ステンレスの3種類の調理器具を加熱することができますが、土鍋は全く使うことができません。また電磁調理器の特徴としましては、銅やアルミニウムを使用していると効率が悪くなります。銅やアルミニウムは電気抵抗が低く、それによる熱の発生が非常に弱いといったことがあげられます。そのためオール電化にした場合にはその機器がオール電化に対応しているのか、または使用しても問題ないかそこについてしっかりと調べる必要があります。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ