家を建てる前に知っておきたい専門用語「Q値」

みなさんこんにちは。
これから家を建てようとする、あるいは改修・リフォームをご検討中のみなさん、
「Q値」という言葉をご存知でしょうか?
あまり知名度はない専門用語ですが、この値の数値次第で、住宅のクオリティが大きく変わってしまう重要な指数なのです。
知らないと後になって損をしたり、後悔することになるかもしれませんよ。

Q値とは

Q値とは、「熱損失係数」のことで、
簡単に言えば、その住宅全体の断熱性能を数値で表したものです。
外壁や窓、天井・床などの各部位の熱の逃げる量(熱損失量)を計算し、各部位の熱損失量を合計したものを延床面積で割って計算します。
この値が小さければ小さいほど断熱性能は高い、ということになります。

ではQ値がどれくらいならいいのか、ということですが、
気候の差が関係してくるため、地域によってQ値の基準値が異なっています。
ちなみに参考までに、首都圏の大部分の地域では基準値は2.7 W/m2Kに、札幌市の周辺では1.6 W/m2Kに設定されています。
これよりQ値が小さければ、比較的断熱性能が高い住宅といえ、
大きければ、断熱性能に劣る住宅と言えます。
提供するハウスメーカーによってもQ値は変動するようですので、お調べになると参考になるかもしれませんね。

断熱性能は住宅の要となる機能ですので、きちんとQ値をチェックしておきましょう。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ