住宅税制ってどんなものがあるの?

住宅購入は一つ一つの単価が非常に高額なため、そこにかかる税金も高額となりがちです。しかし、税金が高額になることで住宅購入が進まなければ税収の落ち込みだけでなく、日本経済の停滞も招いてしまうため、税制で住宅購入などを優遇して、日本経済の活性化をはかろうとすることが行われています。

では住宅税制にはどんなものがあるのでしょうか。まず、もっとも一般庶民に大きなものがローンを組んだ際に、組んだローンの金額に対する減税制度です。これは、その制度は住宅を購入した時期により減税額などが変わりますので、不動産会社などに家を買う時に聞いてみるのが良いでしょう。

ほかには家を購入する際、両親などからその資金援助をしてもらうこともあるでしょう。資金援助は法律的には贈与とみなされるので贈与税がかかります。一般に日本では高齢者の方がお金を持っているといわれており、経済の活性化にはこのような高齢者が保有しているお金を市場に回すことで経済の活性化がすすむと考えられています。これを促進するため、家を買う際に資金援助には税金を軽減する税制がこれに当たります。

さらには、リフォーム、特にバリアフリー化するリフォームや、エコなリフォームに対してかかった費用に応じて減税する、あるいは新規に購入した時の固定資産税を一時的に減税するなど、不動産市場の活性化のための税制は数多く行われています。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ