注文住宅を建てる上で注意するポイント

注文住宅を建てる上で注意するポイントとして、まずは土地に合った設計が必要になることを知っておくことが挙げられます。例えば人気のローコスト住宅は、土地の形状によっては建設できない場合があります。

狭小地のような場合には、狭小住宅の設計を得意とする工務店に依頼することが必要です。また土地にはそれぞれ異なる気候風土があるものです。断熱性などはそれに応じて設計する必要があります。

またハウスメーカーのローコスト住宅を検討する場合、複数のメーカーの比較に関する注意点があります。基本的にどのメーカーでも、最低価格の坪単価は最低限の設備となっています。必要な設備を備える場合にはオプション価格が上乗せされるということです。

そこで、まずは自分が希望する設計を提案して、その見積もりを比較することが必要となります。基本的な坪単価が安くても、オプション価格が高い業者もあるからです。

また、ハウスメーカーでも工務店でも、施主としての希望がきちんと施工まで伝わるかが重要となります。そのためには業者の内部で連絡がスムーズに行われるかどうかが重要なポイントになります。まずは担当者と話をして、施主としての意見がどこまで設計に反映されるのかをチェックすることが大事です。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ