住宅ローンの魅力とうまく組む方法とは

住宅ローンを借りることは人生最大の借金となる人が多いのではないでしょうか。

借金といってしまうと非常にネガティブな印象になってしまいますが、実際にはほとんどの人が利用しなければマイホームを購入することが不可能だったり、高齢で相当なお金をためない限り自宅購入ができません。

マイホームを持っている人のほとんどが住宅ローンを利用しており、消費者金融などとは同列に考えられるものではないでしょう。

その魅力は自己資金がなくても人生最大の買い物であるマイホームが買えることです。そしてマイホームの購入は資産形成にもなりますし、将来への安心感にもつながります。

時間がたてば家族もみな年齢を重ね、家の間取りも家族構成には合わなくなってきます。マイホームであればそのような変化にも対応しやすくなります。

さらに、住宅ローンを借りることで税金を安くできることもあります。マイホームを購入した時期によってその制度や減税額は異なりますが、本来納めるべき税金が減額されるため有利になります。

さらに、賃貸で借りて月々の返済額と同額の家賃を支払うよりも、より広かったり高級な家に住めることが多いです。また、住宅ローンは、ほかの様々なローンと比較しても金利も低いことがほとんどでありそれだけ魅力的であるといるでしょう。

住宅ローンを上手く組む方法とは

住宅ローンは必要な書類を揃えて、融資を申込みして審査を通過できてから資金を受け取ることが可能ですが、返済は完済するまでの期間が長く設定されているので、毎月の返済額を抑えることができるメリットがあります。

また、住宅ローンをいくらまで組むことができるかあらかじめ、調べるのも重要で、組んでも大丈夫な金額を守ることで、間違えて選んでしまってもお金を存するだけで済みます。

ただ、組んでも大丈夫ではない金額で選んでしまうと返済ができなくなり、家を売却しないといけない事態になるケースもあるので、いくらまでなら組んでも大丈夫かを調べたほうがいいです。

返済期間が長くなるほど仕事での収入減などで返済ができなくなるケースもあるので、住宅ローンを組む際には、金利の見直しや返済期間の変更、借入金額の調整も視野に入れることで、住宅ローンを上手に返済することが可能です。

住宅ローンを組む際には、定年や収入がある間に返済を完了できるかも重要で、退職金などで一括返済できないと年金収入だけでは返済ができないケースもあるので、定年や収入がある間に返済を完了できるプランを組むといいです。

また、毎月返済できる金額を考えることで、無理のない返済プランを組むことが可能です。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ