頭金を貯めておくべき理由

家を買うということは、一生に一度の大きな買い物であり、そんなに簡単に決めるものではないです。購入金額が大きいものなので、資金計画はしっかり立てておかないと後々の支払いができないこともあり、こうなると貸し手側の銀行から督促がくる程度ではいいですが、場合によってはせっかくのマイホームを手放すことになりよく考えて資金計画を立てるべきです。

頭金を入れない分借り入れ金額が多くなる

最近では頭金をゼロで組めるローンも増えてきました。たしかにこの制度を利用すると頭金なし、月々に支払いで家は買うことができます。しかし頭金を入れない分借り入れ金額が多くなり、毎月の返済額も大きくなります。そしていまは低金利の時代ですが、これが今よりも金利があがってこないと確証はなく、将来に返済額の負担が増えることもあります。

こう考えれば、頭金はできる限り用意したほうがいいです。まずは住宅ローンの返済額が減るというメリットがあり、返済計画も立てやすいです。この返済額は毎月余裕をもって考えないといざ金利上昇となると対応できないです。そして住宅ローンの利息が少なくなるつまりは返済額の利息の占める割合がへるということ早く借り入れ金額が減ります。

例えば、同じ4000万円の住宅を購入しようと思っている人ならば、フルローンの場合は4000万円丸々ローンを組むことになりますが、頭金を1000万円準備していればローンの元金は3000万円になります。そして月々の支払額が同じならば、元金が少なければ住宅ローンの返済期間が減るわけで、早い段階での完済を目指すことができます。

頭金があるということは返済計画がしっかりしていれば、一つ上ののランクの家を購入することも可能になりゆとりができます。

では、頭金はあればあるほど良いのかというと一概にそうとも言えません。

今は条件が合えば住宅ローン控除により自分が納めた税金の還付を受けることができます。

住宅ローン控除はローン残額に基づき還付額が決定するため、支払った税金の範囲内に収まる額であればローン元金が残っているほど還付額も多くなるため、住宅ローン控除の恩恵を多く受けたい場合には頭金のボリュームを抑えた方がお得になりますが、頭金があるほどローンを組む金融機関の信用は高まるため、金利サービスを受けられることもあり、支払い利息を考えると結果的にお得になるということも珍しくありません。

 

 

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ