カーペット汚しちゃった…!どうしたらいい?

水溶性の汚れ編

フローリングの上にカーペットを敷いている方が多くいると思われます。

ただ、カーペットは食べ物などを落としてしまった場合に汚れが残ってしまう問題点があります。

フローリングだけであれば拭き取れば綺麗になりますが、カーペットだと綺麗に落とせないことがあります。

そこで、水溶性の汚れを落とす方法について見ていきます。

水溶性の汚れはジュースやソース、ケチャップ、コーヒー、墨汁などの汚れになります。

まず、紙や布で吸い取ることが大事です。この時に強くゴシゴシ拭く方がいますが、汚れが落としにくくなってしまうので軽くたたくように吸い取ってください。

次に洗剤を使ってふき取ることになります。

綺麗な雑巾に洗剤を染みこませて、これもたたくように拭き取ることが重要です。

そして、洗剤をふき取ると汚れを落とすことができます。

結構簡単なので、カーペットを汚したからといって焦る必要はありません。

最近は便利なお掃除グッズが販売されているので、それを使うのも有りです。

雑巾と洗剤があれば綺麗に落とすことができるので、カーペットを汚してしまった場合は実践してみてください。

油性の汚れ編

油性の汚れとはドレッシングや油性ペンなどがあげられます。

油性の汚れがついた場合でも、適切な方法で対処することで、ほぼ目立たなくさせることができるでしょう。

油性の汚れは、当然のことですが、水だけでは落とすことはできません。

しかし身近なものを使って、対処することができます。

カーペットの油性の汚れを落とす方法として、まずやっておきたいことは、紙や布で吸い取るということです。

紙や乾いた布を汚れの上にのせて汚れを吸い取っていきましょう。

ごしごしとこすったり水をかけてしまうと、汚れが広がる可能性があるので注意が必要です。

次にベンジンをしみこませた雑巾でたたくようにふき取るようにしましょう。

エンジンは揮発性や可燃性が高いので火気厳禁となっています。

取り扱いには十分に注意しましょう。汚れの上にのせて、汚れが広がらないように外側からたたきながら汚れを雑巾に移していきます。

洗剤でふき取るのも効果的です。水で薄めた洗剤を雑巾に染み込ませ、同じようにたたきながら汚れを雑巾に移していきます。

最後に残った洗剤を取り除きます。

霧吹きなどで濡らし、水を固く絞った雑巾などで洗剤を取り除いていきましょう。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ