規格住宅にデメリットはある?

ハウスメーカーなどが事前に決めたプランの中から、好みの間取りや設備を選んで建てられる規格住宅は、高品質ながらもリーズナブルな価格で購入できると話題です。

 

ただし、規格住宅にもいくつかデメリットがあります。

 

注文住宅に比べると、基準となる仕様が決められているために、自由度は低くなってしまいます。

 

こだわりのマイホームを建てたいという方には不向きでしょう。

 

また、規格住宅は基本的に間取りを変更できません。

 

土地にはあらゆる制約が設けられているケースもありますので、条件に合う土地を探すにも一苦労ということも多いです。

 

実際に条件のある土地で建てられるかどうか検討するにも、調査や打ち合わせが事前に必要となってくるため、土地によっては検討段階で時間がかかるケースもあるので要注意です。

 

ただし、よい条件の土地があれば特に問題ありません。

 

注文住宅よりも短工期で建てることができるため、プランの中に自分の好みの間取りがあれば、規格住宅にしてみるのもよいでしょう。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ