規格住宅と注文住宅はどう違うのか

注文住宅は、施主が思い描いた理想に近い住宅を一から設計して建てることができ、基本的に構造や間取りの自由度が高いのが特徴です。

 

しかし、資材からデザイン、間取りなど、すべてをオーダーすることになるため、打ち合わせや工期に時間を要し、完成するまでイメージが湧きづらいのがデメリットでもあります。

 

一方、近年注目されている規格住宅は、ハウスメーカーや工務店が事前に決めた規格品によって建てられるため、ある程度のプランやモデルが決められています。

 

よって、完成イメージが捉えやすいのが大きな特徴です。

 

また、いくつかの規格品から好みのものを選んで設計できるため、注文住宅同等の理想に近い家を建てることができます。

 

さらに、規格化することで低価格を実現できるため、コストを重視して、ある程度理想に近付けた住宅を建てたいという方におすすめなのが規格住宅と言えるでしょう。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ