新築住宅を作るときはプライバシーが守れる間取りに

憧れの新築住宅を建てるときは、家族のプライバシーが守れる間取りにしておきましょう。

 

幼児の頃は兄弟姉妹で同じ部屋を使っていますが、ある程度の年齢になると個室を持ちたがるようになります。

 

独立した子供部屋が作れるように、間取りを考えておくことが大事です。

 

平屋住宅と2階建て住宅では、部屋の広さや使用する床材、壁材なども違ってきます。

 

木造建築の平屋住宅を建てたい場合は、無垢材などの自然素材の床材や、漆喰などの天然素材がおすすめです。

 

天然素材の家は結露やカビなどが発生しにくく、体の弱い人がいるご家庭でも安心できます。

 

夫婦で二人暮らしの場合でも、お互いのプライバシーを守るためにお互いの個室を作ったほうが良いでしょう。

 

当社では高い技術を持った設計士が担当いたします。

 

立体の模型や設計図を使って説明をいたしますので、大変わかりやすくなっています。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ