新築は建売か注文住宅か

新築で物件を購入するとなると、建売にするか、注文住宅にするのかでも悩むところです。

 

建売の場合は、土地もセットになっていますので土地探しの手間もありませんし、比較的安く購入できるのもメリットになっています。

 

すでに建築されている場合はすぐに入居もできますし、街並みがきれいに整っているのも良いところです。

 

そのかわり、周囲も同じような家ばかりになる、細かな要望を実現しにくいというデメリットもあります。

 

注文住宅の場合は、細かなこだわりを入れられる、ほかにはない個性的な家を作れることがメリットです。

 

建売住宅に比べると入居までは時間もかかりますが、よりこだわりを持って建てたい人に向いています。

 

費用が高くなるというイメージもありますが、お金をかけたいところと、そうでないところを自由に選ぶこともできますので、工夫次第では安く良い家を建てられる可能性もあります。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ