注文住宅と建売住宅の違い

新築を購入する際に、主に「注文住宅」と「建売住宅」のどちらで購入するか?という選択肢があります。
ここでは注文住宅と建売住宅の違いと価格帯、間取りの特徴を比較しながらご紹介していきます。

まず1から10まで自分たちで決められる“フルオーダー”できる住宅を「注文住宅」と言います。
基本的には、間取りや工法、設備、内装・外装などを自由に選べます。
すでに土地があれば住宅を注文する業者を選ぶところから始まり、土地がない場合は、土地を購入することから始めます。
対してまとまった土地をいくつかの区画に分けて、土地と住宅をセットで販売する新築分譲住宅のことを「建売住宅」は言い、同じ仕様の住宅を何棟か建てて販売されています。

価格相場としては、注文住宅(土地+建物)は約3,000万円台、対する建売住宅(土地+建物)は2,000万円台が相場です。
2019年の建売住宅の全国平均は3,494万円、土地付き注文住宅の全国平均は4,257万円です。
全国平均で比較すると、建売住宅よりも土地付き注文住宅の方が763万円高く、首都圏では差が大きく1,000万円以上高い傾向にあります。
(住宅金融支援機構「フラット35利用者調査」より)坪単価も建売住宅のほうが安い傾向にあり、建物だけであれば1,000万円程度で販売されていることがあります。

建売住宅では、購入価格が最初からわかりやすく明示され、住宅の間取りや設備・仕様もあらかじめ決まっています。
建物も完成していれば、実際に中に入ってチェックできるので、住んでからのイメージが付きやすいのも大きな特徴です。
土地と建物がセットで販売されるため土地もある程度住宅の外観なども整備・統一され、大規模に開発された建売住宅なら、道路計画や植栽を含め美しい街並みが形成されることが多く周辺環境をリサーチする上でも、仕上がりイメージがつきやすいです。

注文住宅では、ほぼすべてを自分で選び決めていくことができますが、設計は実寸大ではなく、サンプル資料などから選びます。
完成イメージや建物の質感は見取り図やイメージ図面やサンプル資料の中でイメージするしかないので、一般の人には仕上がりイメージがつきにくいところがあります。
工期自体も建売住宅が契約から入居まで約4ヶ月に対して、注文住宅は土地探しや依頼先探しの時間を含めても平均約1年以上と時間がかかります。また、土地探しから始める場合は、土地の購入と注文住宅の建築は別契約になるため、契約や費用の支払いなど複雑になりがちです。
注文住宅は建売住宅に比べて多くの時間と手間がかかる点でもコスト高になりやすい住宅と言えます。

しかしすべてを自分の自由にオーダーメイドできるということは、お金をかける部分とかけない部分も自由に選択できるということでもあります。
こだわりたい所にはお金や時間をかけ、それ以外をこだわらないという見極めと工夫ができれば、コストパフォーマンスの優れた住宅になります。
例えば使いやすい間取りを確保しつつ、コストを削減するポイントとして、全体を四角い凹凸の少ない外観でまとめることで部屋の間取りを大きく取れ、2階建てなら1階と2階を同じ広さで内部構造や外壁工事も簡素化約40万円以上のコストダウンが期待できます。
床面積を減らすに至っては面積を省くと家事動線が短くなって掃除がラクになる利点がありつつ、面積分の材料費、施工費が省け、100万円以上のコストダウンに繋がります。

近年階段とリビングが同じ空間に設置されたデザインや、リビングの一角に書斎や畳スペースを設けるアイディアを多く見かける事がありますが、ただ単にコミュニケーションの取りやすさを求めただけではなく、部屋数を減らす事や壁を作らない事も大幅コストダウンをするための工夫でもあります。
その他にはキッチン・バス・トイレの配置を離さずまとめた間取りにすることで、上下水道の配管工事も最小限に抑える工夫の他、窓の数を減らす事やサイズを小さくすることも材料のコストダウンとなり加えて入居後の冷房費の削減やプライバシーが守れる家になります。

このように注文住宅ではこれらのコストダウンや間取りの工夫を建築のエキスパートである業者の方たちと相談し検討し合いながら住宅づくりをすることで、無駄がなく必要なところにしっかりお金をかけられた満足度の高い住宅を作ることができます。

 

建売住宅は設備や部材をまとめて購入し、建築工程の合理化・効率化が図れることでコストが抑えられたもの使用し、出来上がった購入するため変更ができません。
ある程度そこに暮らす家族像を想定した人気の高い設備や間取りで作られていますが、実際に暮らす家族の生活に合わない部分が出てきてしまいがちです。
部分的にカスタマイズができる場合もありますが、選択肢が限られています。加えて建売住宅では敷地一杯を建物が占めるケースがほとんどで土地の余裕がなく増築しにくいケースが多く、生活する中でライフスタイルの変化などに対応できない場合もあります。

注文住宅と建売住宅はどちらかが優れている住宅という事ではなく、購入する人自身が何を重視するかによって家に求める価値は変わります。
家の中での自分と家族の充実した生活を重視しているなら注文住宅が向いているでしょう。
一方コストのかからない事や長く住む予定のない方は建売住宅が向いていると言えます。注文・建売どちらを選ぶとしても一度購入すれば、数十年単位で住むことになり、その間にライフプランが変わる可能性を十分にあります。
将来的な親族や離れていた親との同居など、家族構成の変化も考えて後悔のないプランを立てる事をおすすめします。

※上記の内容はあくまでも一般的な情報であり、「Smilehouse住まいる館」での設計や施工を保証するものではございません。ご質問や疑問に関しては、直接住まいる館にお問い合わせの上、ご確認ください。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ