住宅ローン控除とは

住宅ローン控除とは、マイホームを購入してから10年間の間、所得税から一定の金額を控除してもらえるという制度です。

住宅ローン控除の金額は、年末ローン残高の1%となっていますが、最大で40万円となっています。例えば、年末ローン残高が5,000万円あったら、その1%は50万円となりますが、最大で40万円までしか減税は受けられません。

サラリーマンの人は、すでに所得税を源泉徴収で会社が納めているので、確定申告をすることで、最大で40万円が戻ってくるということになります。2年目からは、一定の書類を提出することで、企業の年末調整で手続きをしてもらえることがあります。

最大で40万円を10年間控除してもらえるので、総額で400万円まで所得税から引いてもらえます。所得税から引ききれない場合には、住民税からも引いてもらえることがあります。実際には、ローン残高は4,000万円以下となることが多いので、最大の金額を減税してもらえるケースはそれほど多くないでしょう。

マイホーム購入の他、リフォームの場合でも一定の条件を満たしていればこの制度が利用できます。自動的に適用されるものではなく、申請をしないと制度の適用はされないので、確定申告は忘れないようにしておきましょう。

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ