住宅ローンの基礎知識

住宅ローン審査の流れ

一般的な住宅ローン審査の流れとしてはまず購入する土地や建物を決定します。

次に金融機関へ住宅ローンの申し込みを行います。住宅ローンは銀行などの民間金融機だけでなく地方自治体など公的機関でも融資を行っています。申し込み後に事前審査を受けます。住宅ローンの事前審査とは工事の請負契約や売買契約の前に住宅ローンを利用できるかどうか確認するための審査です。事前審査を受けることで、本審査に通過するかどうかという不安をある程度は払拭できます。

住宅ローンの事前審査を利用すればどの程度の融資を受けられるかも分かります。各金融機関で金利や融資額は異なるので、事前に金利と融資額が分かれば最も合理的な金融機関に融資の申し込みができます。事前審査の後に請負契約や売買契約が行われ、本審査となります。その後住宅ローンの契約を締結し、融資が実行されるという流れです。事前審査では年収や完済時、借入時の年齢など様々な項目が審査されます。

事前審査にかかる期間については基本的に1週間から3週間ほどです。本審査を行う前に様々な項目についてある程度の審査が行われるため、本審査自体は1週間ほどで済みます。住宅ローンは不動産自体が担保となるので、年収など一定の要件を満たしていれば融資を受けることができます。

審査について

住宅ローンを組む際に必ず行われるのが「審査」です。

一般的に審査は仮審査と本審査の二段階で行われますが、なぜ二段階で必要なのか、仮審査を受けておくべき理由はズバリ「無駄を省くため」です。

というのは、仮審査は住宅を購入する前に行われます。いざ住宅購入の手続きをしてから金融機関に審査を依頼して、万が一審査に落ちるということになると住宅購入契約が白紙に戻り、それまでの苦労が水の泡となってしまうため、購入側も売り手側も苦労が無駄とならないよう、住宅の本契約前にローンを組めるかどうか仮審査でチェックをしておく必要があるのです。

住宅ローンの本審査についていうと、仮審査を通っても本審査に落ちる場合はありますが、仮審査の時点から状況が変わらなければ本審査で落ちることはそれほど多くはありません。

では、仮でも本でも審査に通らない原因についてですが、最も多いのは申し込み者の信用情報です。つまり、他所で借金をしている場合です。現在借り入れがなくても過去のカードローンなどの借り入れ情報や返済履歴に問題がある場合は厳しくなることがあります。

また、完済時の年齢が80歳を超えていたり、勤続年数が1年未満、また年収に対する返済負担率が高すぎる場合なども審査に通らない原因となり得ます。

 

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ