新築住宅購入時の補助金の種類について

新築住宅の購入する際には様々な補助金制度を利用することができます。

すまい給付金

すまい給付金は消費製増税後に住宅を購入した人の負担を減少させるための制度です。

住宅ローン減税拡大の恩恵を受けられない人を対象として給付金が支給されます。給付対象者は不動産登記上の持分を持っており、取得した住宅に自ら居住する人です。

また収入が一定以下で、住宅ローンを利用しない場合には年齢が50歳以上であることも条件とされます。8%または10%の消費税が適用される一定の新築・中古住宅が給付対象不動産です。

省エネ住宅ポイント制度

省エネ住宅ポイント制度は省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及、消費者の需要喚起と住宅投資の拡大を目的とする制度です。

一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームを行う際に、様々な商品などと交換できるポイントが発行されます。地域型住宅グリーン化事業は地域の木材関連事業者や流通事業者、建築士事務所、中小工務店などが連携して行う取り組みを対象とする制度です。

省エネルギー性能や耐久性能などに優れた木造住宅・建築物の整備や、三世代同居への対応を対象として補助が行われます。

地域型住宅グリーン化事業

地域型住宅グリーン化事業は地域における木造住宅の生産体制の強化や環境負荷の低減、良質な木造住宅・建築物の供給促進などを目的とする制度です。長期優良住宅や認定低炭素住宅などの木造住宅を対象として補助金が支給されます。


まず国の補助金制度としてネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業があり、これは高い断熱性で省エネ、太陽光発電で発電、蓄電池で蓄電し、それを活用することで電力量をゼロにし、光熱費がかからない住宅にする取り組みです。この仕様の住宅を建設するだけで150万円の補助金が得られるのを公募されている場合があります。

そして各自治体による省エネ住宅関連の補助金が存在し、それは市町村の広報などで掲載されることも多いです。太陽光発電、雨水タンクなどの自然エネルギーを活用した省エネ機器の設置をすると補助金が出る制度があり、地域的な環境的な取り組みの推進の一環として行われています。

また各自治体による県産材使用の新築住宅への補助金が存在し、地産地消の理念がありエコ社会の実現のため地域の木材の利用推進を実現しています。このように国や地方自治体で補助金制度が存在するため、新築住宅購入時にはネットや広報誌、直接、問い合わせをするなどして補助金情報を得ておくと良いです。

 

ページ上部へ
  • facebook
  • Instagram
  • お知らせ